生活しやすいマイホームを購入して快適に過ごす

間取りをきちんと考える

マイホームを購入する場合、注文住宅で家を建てるのが良いか、それとも建売の一戸建て住宅やマンション購入が良いのか、迷う人は多いかもしれません。しかし、快適な暮らしを実現するためにはその家族の動線にあった生活空間がなければ、快適な暮らしは約束されません。ですから、マイホーム購入は注文住宅が理想的な家と言えるでしょう。まず最初に間取りの設計図面から建築士が作成していきますが、この時、施主と一緒に図面をひいていきますので、その前に家族でしっかり話し合いをして、どんな動線でどんな間取りの家に住みたいかを検討しておきましょう。事前にきちんと話し合いがされていれば、建築士にスムーズに話を持っていけ、建築士も図面がかきやすいです。それ以外にも、家の中で使われる資材等も内容によって施主が希望するものを取り入れることができます。一つ一つ確認しながら希望内容を伝えて現実の形に仕上げていきます。

ちょっとした変更もその場で対応

注文住宅の良いところは、図面が確定した後、家を建て始めてからでも、建てている家を見学しながら、ここはやっぱりこうしたい等要望を出すことができ、それを可能な範囲で対応してくれることです。そのため注文住宅の家を建てているときはできるだけ立ち合いができるようにしておきましょう。昔は家を建てている時に大工さんにお茶出しなどをしている人が多かったです。今でもお茶出しをしてあげることで、より良い対応をしてもらえる場合があります。

フリーダムアーキテクツの公式サイト