全体的な店舗イメージの決め方

店舗デザインを選ぶ時は、ターゲット層の好みや、提供メニューと内装がかけ離れていないかをチェックします。ターゲット層に気に入ってもらえないと、せっかくの店舗デザインもリピーターが得られず盛り上がらない可能性もあるため、好みやニーズは事前にリサーチしておく必要があります。

顧客が満足するレイアウトとは?

顧客満足度を重視したレイアウトで一番重要な場所はレジ回りです。レジの中身が見えてしまったり、座席からレジが見えてしまうと、せっかくの楽しみも半減してしまいます。またトイレに近い客席や、スタッフの行き来が多い客席も同様です。

動線を重視したレイアウト

スタッフが気楽に動けるようにするには、ホールとキッチンの動線が重要です。関連性のある作業はなるべく同じ位置に設計すれば、料理の提供もスムーズになります。休憩スペースやバックヤードの確保はスタッフの働きやすさにも影響します。

客席数と気配りのあるレイアウト

フロアの大きさにより客席数は決まりますが、無理に客席を設置してしまうと居心地に影響します。ここでもやはりターゲット層に焦点を当てて考える必要があります。週末に利用することが多いのか、平日や夜に利用することが多いのか、どの時間帯に人が集まるのかをリサーチします。またプライバシーを重視した配置を取り入れれば、リピーターの確保に繋がります。

意外なところに発生する費用

店舗運営の他にもお金は発生します。その一部に光熱費や維持管理などのランニングコストがあります。たとえばガラス張りの店内は日差しが取り込めますが、方角によっては暑くなります。暑さを解消するためエアコンを付けますが、これでは光熱費が高くなります。見た目や雰囲気だけでなく、機能性も重視する必要があります。

起業や店を構える際内装デザインは業者に依頼します。要望に応えてくれて価格を抑えてくれる業者を探すには、ホームページからの査定を複数の会社に依頼しましょう。