魅力的なお店を作るための店舗デザインの方法

まずはターゲットとなるお客様像を明確にする!

たくさんのお客さんがリピートしてくれるような、魅力的なお店を作り上げたい。これはお店を経営しようと考えている方にとって、共通の願いだと思います。そしてこれを実現するために欠かせないのが、店舗デザインです。しっかりと事前に店舗デザインを決めておくかどうかで、お店の出来具合が異なってきます。店舗デザインをする時に最初に考えておきたいのが、ターゲットとなるお客様像です。同じ飲食店でも、女性客が多く見込まれるのか、それともファミリー層向けの店舗かによって、ターゲットにマッチングするデザインが異なってきます。可能な限りどんなお客様が来店されるのかをイメージし、デザイン案をピックアップしてみましょう。

外観デザインはお店のコンセプトを基本にする!

店舗デザインの大切な要素が「外観」です。どれだけ素敵な商品を提供していたとしても、外観が悪いとお客様が入店してこない可能性も考えられます。外観を考える時のポイントは、お店のコンセプトを基本にすることです。例えば和食や和菓子を販売するお店の場合、派手な色合いよりも、落ち着いた色調の外観がコンセプトに合います。その上で何か目立つポイントを入れることで、お客様の興味を惹くことも可能です。

内装デザインは使いやすさも考慮する!

内装のデザインは見た目の良さも大切ですが、お客様が利用しやすいかどうかも考慮しましょう。テーブルや商品棚など、何をどこに設置するかで使いやすさが違ってきます。またお店で働くスタッフが、仕事しやすいかどうかも重要なポイントです。

ネット通販が一般的になった今、店舗には店舗でしかできない体験が期待されています。ブランドのイメージを体現しているかどうかなど、店舗デザインの成否が顧客の満足度を左右します。